使用する塗料にこだわっている業界に依頼|外壁塗装を行う前に確認

地域性に留意

庭

寒さ対策が必要

建物を長期間維持するためには日常の管理が重要となっており、日ごろの管理次第で耐用年数を超えて維持することが可能となります。建物の状態が良いことは資産価値の向上につながります。札幌で塗装を行う場合には札幌の気候に配慮する必要があります。札幌の気候の特徴として冬の寒さと降雪が挙げられますので、塗装の材料は寒さや雪に強いものを選択する必要があります。新築の場合は建設当時に最適な材質の塗装剤を選択することが可能となりますが、塗装は一般的に屋根で10年から15年、外壁で5年から10年経過すると塗り直しを行わなければなりません。札幌の冬季は降雪量が少なくなったとはいえ外部の塗装には不適当となりますので、比較的晴天の多い時期を選ぶ必要があります。塗装工事を行う場合には水洗いを行ったうえで、防水の劣化や亀裂を確認したうえで作業を進めることになります。外壁部の塗装においては建物の外周に足場を取り付けたうえで作業を行います。塗料の飛散を防ぐために外周部に養生シートを取り付けて飛散防止措置とします。水洗いはハイウォッシャーを使用して汚れを洗い落とします。特に窓周りや廂の取り合い部分は防水が切れることが多いので重点的に点検します。亀裂部分がある場合には優先的に修理を行ったうえで全体の塗装作業を行います。塗装は材質によって下地のうえにかける上塗りの回数が異なりますが、どのような材質でも二回以上行います。塗装を個人で行なうには大変な作業となるため、こうした作業を行なうには適した業者に依頼しましょう。